クラロワ 現環境。 【クラロワ】グラチャレ勝率・人気デッキベスト3 環境を読もう

【クラロワ】現環境の注目カード「ロイヤルホグ」の特徴と立ち回り解説

アースクエイク ホグに対して防衛で出してきた施設に使っていく。 ゴーストデッキはスケラポイズンを防ぐことが難しい為、攻めの形を作れば勝ち切ることができます。 結果、全然使えませんでした笑 「やっぱり枯渇で今シーズンも楽しんでいこう!!」 今回の記事は環境が変わりましたので、 プロ選手が紹介している現環境で舞えそうなデッキをまとめていきます。 ゴーレムを出した後の隙もカバーできる。 Aを活用し後ろに攻城やユーノをつけるやり方が基本的な立ち回りです。 ですがそれを考慮してもこのデッキ現環境最強候補と言えるでしょう。

Next

【クラロワ】グラチャレ勝率・人気デッキベスト3 環境を読もう

ですが、ロイヤルホグとアースクエイクを組みあわせてもボムタワーの前には少しのダメージしか通りません。 ここからは細かい部分を解説していきます。 ホグライダー• 今回のニュースは以上になります。 ザップで倒されないガーゴイルを採用するケースも散見されています。 しかし、コストが高いため先出ししてしまうと簡単に負けてしまうリスクがあります。 アイススピリットがゴーストに一撃でやられてしまうため、使われなくなってきているのも関係しているのかもしれません。

Next

【クラロワ】現環境最強「エリゴレダクネヒーラーデッキ」を解説

ボムタワー 建物優先ユニットへの受けにつかうほか、ペッカ、メガナイトの防衛にも使用。 対策分からないなりにどうにか防衛して、結果負けたりしますけど、ミスした自覚があるので「リプレイみてどう動くのが正解だったか考えよう」って思えるんですよね。 つまり、枯渇デッキと同じ要領で相手のスペルを枯渇させ、スペルには弱いが、対ユニットでは強力な力を発揮するユニットが活かすことがホグライダーとは違うロイヤルホグの特徴であると言えます。 6ホグについて。 以上が現環境多用されているデッキへの立ち回りでした。 ラヴァハウンドの後衛に少し残ったスケルトンが厄介。 ご一読いただき、ありがとうございました! ライター: 編集: 【全ユニット入手場所一覧】 【最優先でレベルを上げたいカード】 新着 攻略記事• 長々とお付き合いくださりありがとうございました。

Next

【クラロワ】現環境の注目カード「ロイヤルホグ」の特徴と立ち回り解説

ポイズンの場合は温存、ザップ、雪玉の場合はコウモリの群れを出して使わせた後に発動しましょう。 デッキ紹介 現環境のデッキを系統別にまとめていきます。 ザップで倒されないガーゴイルを採用するケースも散見されています。 ・雪玉 使い勝手の良い2コスト呪文。 役割解説• ジャイアント軸デッキ 続いて、ジャイアントデッキ。 デッキレシピ コチラ。

Next

【クラロワ】環境トップと噂のザッピー入りペッカデッキが・・・強い?

なのでどっちに転んでも嬉しい展開になるわけです。 まずひとつはこのシーン。 相手のトルネードスカし爆アドを期待して、最初はここに置くようにしてます。 今回紹介していくのは今流行っているデッキ構成の1つであるペッカラムです。 しかし、ロイヤルホグは盾ユニットにすらなれるポテンシャルを秘めています。 そのため形を作られてしまう前に 逆サイドを攻めてユニットを割かせることが大切になります。 難点としてはエリポン破壊のスペルが無い為、後半のエリアドがきつく、ごり押しされる展開があることです。

Next

(クラロワ)現環境最強候補ペッカラム

ですが、ローリングウッドやローリングバーバリアンによって処理されつつ、ロイヤルホグもダメージを受けてしまうため、相手の手札を把握しながらでないとむしろ逆効果かなと思っています。 一見使い難く見えますが、どのデッキもグランドチャレンジで12勝したり、大会で活躍したりと確かな実績を残しています。 つまりほとんど4エリクサーアドバンテージになってしまいます。 また、 手札回し、タワーへのダメージを許容しながら少し防衛することにも使える汎用性の高いユニットです。 ホグデリバリーデッキ 『クラッシュ・ロワイヤル』のおすすめ最強デッキを紹介。 もはや肉離れかなとも思い始めました。 ホグは積極的出していき、相手の防衛に合わせてアースクエイクを重ねてダメージを稼いでいく。

Next