クルーズ 運航中止 コロナウイルス。 新型肺炎、クルーズ船運航会社の信用リスク=格付け会社

香港でもクルーズ船の運航中止 3700人下船できず [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

今後、クルーズ船の着岸や乗客の上陸を認めるかについては検疫所で判断することになると話した。 (8月22日発/8月27日発/8月30日発/9月2日発/9月5日発/9月8日発/9月11日発/9月14日発/9月24日発 [2020年6月15日追記(2020年6月12日発表)] ぱしふぃっくびいなすは、8月1日、8月8日、8月12日、8月15日、8月16日出港の国内クルーズの運航を中止 [2020年6月3日追記(2020年5月28日発表)] ぱしふぃっくびいなすは、7月17日、7月21日、7月30日出港の国内クルーズ、9月13日、10月19日出港の海外クルーズの運航を中止 コスタクルーズ [2020年7月9日追記(2020年7月6日発表)] コスタクルーズはコスタ ネオロマンチカの8月24日(3泊4日金沢発福岡着片道クルーズ)までのクルーズ中止を決定。 訪日外国人の増加や地方経済の振興に寄与してきたクルーズ船観光だが、一気に冷え込むおそれもある。 今後、関係機関の情報を注視し都度情報を更新してまいります。 オアフ島内への新型コロナウイルスの侵入防止のためだという。

Next

クルーズニュース|一般財団法人みなと総合研究財団[WAVE]

ただし、該当クルーズ出発日の30日前までにキャンセルのお申し出が必要です。 1月30日に発熱し香港の病院で検査を受けたところ2月1日に感染が確認されたという。 該当の地域を経由しての旅行を申告しない場合は法的処置の対象となります。 Bloonberg2020. ただしカナダクルーズ、バミューダクルーズは10月31日まで、オデッジー・オブ・ザ・シーズは2020年11月5日から2021年4月17日まで、スペクトラム・オブ・ザ・シーズは2020年8月14日まで、クァンタム・オブ・ザ・シーズ:2020年8月14日まで、ボイジャー・オブ・ザ・シーズ:9月30日まで運航中止。 残念ながらこれらゴールデンウィークのクルーズはすべて催行中止となってしまいました。

Next

【6/22更新】新型肺炎コロナウイルスに関するクルーズ会社の対応まとめ

ウェステルダム船内では、乗客全員に体温検査が実施されたが、新型コロナウィルス肺炎と疑われる事例が見つかっていないと説明があり、船内での移動は自由、マスクの着用も矯正されてはいないという。 リニューアル後のクルーズが来月3月より始まります。 なお、乗下船国及び寄港国への入国可否条件につきましては、 乗下船・寄港国及びお客様の国籍ごとに異なります。 ダイヤモンド・プリンセスは日本で建造され、日本の皆様から愛される船として、日本発着クルーズを就航しています。 皆様のご協力を何卒よろしくお願いいたします。 皆様の安全を確保するため、シーボーンクルーズラインでも以下の処置等を行います。

Next

プリンセス・クルーズ、今夏のクルーズを中止

・3月15日までの予定されていた日本発着のクルーズは全て中止。 【フィリピン】 中国国民。 プリンセス・クルーズの医療チームは国際保健機関と緊密に連携かつ協力のもと、 お客様と乗務員の安全を守るために、健康状態質問票を作成しました。 ただし、2月29日以降に出発するクルーズでの現在のアジアの港湾規制の影響があり、詳細が確定したら通知いたします。 ・石鹸と水がすぐに手に入らない場合は、少なくとも60%のアルコールを含む アルコールベースの手指消毒剤を使用してください。

Next

7/18更新【コスタネオロマンチカ】クルーズ会社発表クルーズキャンセル(運航中止)情報|2020年6月以降

これはすべてのお客様と乗務員が乗船前に記入するものです。 」とも語った。 事態は安定すると予測しておりますが、お客様のご期待にそえない可能性を 避けるための決断となりますのでご理解いただけますと幸いです。 まずは変更後の日程をご確認ください。 3月7日から一部の乗船港にて、さらにその他のすべての乗船港でも準備が出来次第、 すべてのお客様の体温を乗船時に測定します。

Next

クルーズ船乗客の新型肺炎への感染確認、症状の把握急ぐと厚労相

乗船前にはお客様、スタッフにも詳細な健康調査とスクリーニング検査を 実施しご協力をお願いしております。 コスタもイタリア人限定イタリア発着でクルーズ再開と聞いています。 再建に必要な支援を議論していきたい。 チェックイン時の体温観察を含むスクリーニング 4. 乗船客と乗務員が下船し、船の検疫を終えた後から行う。 5、ウイルス対策のみが優先されており、高齢、障害、持病があるなどの特段の配慮が必要な人々への配慮が欠いた状態が見られ、対応が後手後手です。 S&Pグローバルは「カーニバルは中国に重点を置いているため、財務の面ではカーニバルが最も大きな影響を受ける」とした。

Next