お力添え。 ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは? 2ページ目

同じ意味で使っている人も多いですが、少しが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。 目上の人に感謝の気持ちを込めて使う 尽力は自分に対しても目上の人に対しても使うことができる言い回しです。 簡単に説明すると、 相手の行動に「ご(お)」をつけて、「ご(お)〜する」の場合は「尊敬語」 相手に敬意をしめすために自分の行為をへりくだった表現にしている場合の「ご(お)〜する」は「謙譲語」 「ごゆっくり」「ごもっとも」というように丁寧な事言葉使いをすることで、話し相手に敬意をしめしている場合は「丁寧語」となります。 尽力の使い方・例文 ここでは、尽力の使い方を例文も交えてみていきます。 「お力添え」……軽め。 使用例としては以下のようなものがあります。 ビジネスで使いたいときには頭に「ご」をつけて、「ご支援をお願いできないでしょうか?」などといった形で活用しましょう。

Next

尽力の意味とは?相手への使い方と自分への使い方を例文とともに解説

相手が自分のために心をさまざまな角度から向けてくれるという意味です。 今後ともお力添えの程、宜しくお願い致します。 ・皆様のお力添えがなければ、ここまで前進することは不可能だったはずです。 以下に例文を挙げて置きます。 2.「お力添え」の使い方 「お力添え」は主に、 相手の行いに対して感謝の気持ちを表す時によく使われます。 したがって、「お力添えする」も《使役》の形の「お力添えさせる」も謙譲語として使うことはできません。 また、「ご尽力」とは異なり努力をするというニュアンスはありません。

Next

「ご助力」の意味と目上への使い方、例文!類語「ご尽力」との違いは?

「ご助力」の読み方と意味 「ご助力」の読み方は「ごじょりょく」 「ご助力」は「 ごじょりょく」と読みます。 また、「ご助力いただいたにも関わらず〜」とお詫びをするときにも使用することができます。 お手伝い 「お手伝い」の意味は、「 ある目的のために心をあわせて努力をすること」です。 お礼編 ・ この度のプロジェクト完遂にあたり、関係各位の皆様のご尽力には心から感謝申し上げます。 今後ともお力添えさせていただきます。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 そのため、自分や自分の身内が誰かを助けるときには使いません。

Next

「お力添え」の意味や敬語の使い方!メールやビジネスの場面を例文で解説

本当にありがとうございます。 「お力添え」を1つずつ分けて解釈すると、「お」は接頭語で次に続く言葉を丁寧な表現に変える言葉です。 「お力添え」の同義語・類義語 「お力添え」の同義語・対義語にはどのような言葉があるでしょうか? 「力添え」の持つ意味から考えると、「助力(ご助力)」「援助(ご援助)」「協力(ご協力)」「支援(ご支援)」などの言葉が同義語になります。 例文 ・家族に引っ越しのお手伝いをしてもらったので、助かりました。 取引先や明らかな目上の人に対しては「尽力」が無難とされます。 よく使われる類語は「尽力」 「お力添え」の類語としてよく使われるものとしては、「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などです。 そのため、基本的には目上の人に対するお礼の文脈と、自分がこれから努力をする決意を示す場面で用いられるのが尽力という言葉であると理解しておきましょう。

Next

「ご尽力」の意味は?間違えやすい「お力添え」との違いも解説

日本語の敬語表現として正しいかどうかでいえば、相手に協力してもらった場合でも、自分が協力した場合でも「お力添え」という表現は使用できます。 少しでもお力添えできるよう邁進してまいります。 「ご尽力」が適切な場合 ・上司がプロジェクト成功のために全面的に協力してくれた ・イベントのために出資してくれた ・寝る間も惜しんで一緒に仕事をしてくれた 成功のために、できる限りの力を貸してくれたなら、「ご尽力」が適切です。 「援助」「助力」「応援」なども類語 「お力添え」はサポート・フォロー・アシストという意味合いがある言葉です。 したがって自分の行為に対しては、たとえ「お」をつけない「力添え」であっても、「力添えさせていただきます」というような使い方はできません。 ・貴社におかれましては、日頃より町の発展のためご色々なご助力をいただき誠にありがとうございます。 尊敬語と謙譲語を正しく使いこなして、失礼のない言葉遣いをしてください。

Next

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

「どうかお力添えをお願いできませんでしょうか」 「お忙しい中大変恐縮ではございますが、お力添えのほど何卒お願いいたします」 「お願いするのはしのびないのですが、お力添えいただけませんでしょうか」 「お力添え」の例文 お礼とお詫び ・お礼をする場合 「これも〇〇様のお力添えのおかげと心より感謝申し上げます」 「この度は皆様にお力添えいただきましたことを心より感謝申し上げます」 「これもひとえに皆様からの多大なるお力添えのおかげです」 自分の努力だけではなく相手の方からの支援や手助けがあってこそ成果を得られたという感謝の気持ちを表すことができます。 従って相手の方に何かしらの協力をお願いしたい場合には「ご尽力」ではなく「お力添え」と表現するのが望ましいでしょう。 「力」は文字通り「ちから」ですが、「力強い腕」のイメージから「力」という漢字が成り立ちました。 お礼編 ・日頃からお力添えを賜り、心より感謝しております。 2,相手からの協力を求める時に使う! 仕事を進めるためには協力を必要とする場合があります。 「力添え」は和語の名詞で、「スル」をつけて「力添えする」という動詞になりますが、「マス形」は「力添えし ます 」になります。 ご援助 ご援助は、「 ごえんじょ」と読みます。

Next

お力添えを使った例文|感謝/お礼/挨拶/依頼・書き方や注意点

これもひとえに皆様方のお力添えの賜物と心より感謝申し上げます。 感謝いたします。 助太刀• 「ご協力」のより丁寧な表現です。 そのほか「加勢」「加担」「助勢」「味方」なども言い換えが可能なもので、どれも助けるという意味がある言葉です。 。 まずは賜物の意味から見ていきます。 「助けますよ」「力を貸しますよ」だと、少々軽い感じがするので、代わりに「助力」が用いられます。

Next

「ご助力」の意味と目上への使い方、例文!類語「ご尽力」との違いは?

使い方によってはやや大げさな印象になりがちなので、相手と状況をよく考えて使用するように心がけましょう。 意味の違いから理解しておけば、いざというときに区別をつけて使用できるでしょう。 「ご尽力」「お力添え」よりは、フランクな表現になりますね。 力を貸すこと。 これまで皆様のお力添えで多くの事業を成功させることができたこと、厚く御礼申し上げます。 つまり、「ご尽力を賜り、感謝申し上げます。

Next