セルフ documentary of 日 向坂 46。 日向坂46ドキュメンタリー映画 3年目のデビュー | 2020年8月7日(金)全国順次公開

セルフ Documentary of 日向坂46 第4回

最近子供を見ると、本当に可愛いと思う。 久美が本当に頼れるキャプテンだから、久美がいる時の安心感も凄いし。 Q6 2期生の宮田愛萌から見て、1期生はどんな存在? A 最初はすごく遠い存在だった。 高瀬:2期生の中で、愛萌だけとびぬけて年長で、一人だけ冷静だった。 (美穂)ぶつかり合えるって大事なことだと思う。 器用貧乏という焦り 好花はとても器用な子でバレエ、ギター、学習塾、タップダンス、和太鼓といろんな経験をしています。

Next

日向坂46

メンバー同士の距離感だからこそ飛び出す本音も 番組ではメンバー同士のインタビューのほか、過去から最新の密着映像を通し、彼女たちが歩んできた道のりと現在の思いも映し出す。 Q5 日向坂46が大きく飛躍するために今自分ができることは? A. 日々拡大するグループの人気。 見方が分からない! という方はこちらを。 いつも家族に支えられているという金村が涙ながらに語った感謝の気持ち。 Q4 3rdシングルで初めて2列目に上がった感想は? A. なんかMCとかも全部私が考えて、流れを覚えてって全部その演出家の方も「久美!!」って、絶対私に言ってくるから、それがすごい嫌だったの最初は本当に。 坂道グループにはまって、握手会にも通っていた。

Next

日向坂46『セルフ Documentary of 日向坂46』#3

その時を思い出して涙ぐむ好花 (好花)あの時はどうしようってすごく悩んだの。 潮の笑顔は日向坂46にはなくてはならないものだ。 Hapipi Landベイタウン本牧店• からTBSチャンネルに加入する必要があります。 「3年目のデビュー」メンバー18人の直筆サイン付ポスターを8月1日(土)より下記の劇場にて展示いたします。 (佐々木久美) ありがとう。 (美穂も頷く。

Next

日向坂46の新番組「セルフ Documentary of 日向坂46」

他のアイドルグループでは孤立してしまっただろうと思っている。 HMVイオンモール岡山• 2019年10月25日. Q4 今までで一番辛かったこと、嫌だったこと A 2期生が参加した最初のツアーで、2期生が集中できなくて、振り入れが上手くできなかった。 聞く役、答える役をローテーションしながら、彼女たちだからこその距離感で本音や素の表情を引き出していく。 <番組HP> — <新番組>セルフ Documentary of 日向坂46 hinataselfdoc. ヒット祈願企画でメンバーを率先してフォローしている姿からも伝わってくるじゃないですか。 イオンシネマ板橋• たしかに他のメンバーと違う個性を発揮することは大切なことですよ。 この記事では「セルフ documentary of 日向坂46」を一番お得に視聴する方法と、DVDの販売・レンタル情報についても解説していきます。

Next

まだメイク終わってない子だとか、確認もちゃんとしてない人とかいるしさ。 2020年6月10日閲覧。 今、ありがたいことに色々な仕事が増えて、グループの外でも活躍するメンバーが出てきた。 それからその時はちょっと嫌だなって思っても、後から振り返ると、そうでもなかったなって気づくことも多い。 アイドルグループ・日向坂46の新番組『セルフ Documentary of 日向坂46』 この番組では、メンバーが毎回3人登場し、2人が1人をインタビュー。 バラエティーでも積極的に前に出ていくし、屋台骨だなと感じます。 グループに加入した頃、笑顔が苦手で真剣に悩んでいた。

Next

日向坂46『セルフ Documentary of 日向坂46』#3

(鈴花)美穂の一番良いところは、ドラマの収録なんかで一人遅くフリ入れに来た時でも、絶対に弱音を吐かないところ。 Hapipi Land湖北店• そんときも泣いちゃったけど 笑 へへへ (佐々木久美) でもほんとにさ、私たちって恵まれてるよね (高本彩花) うん (佐々木久美) だってさ、小藪さんとかオードリーさんがいなかったら、こんなに「すごいよ!!」って言われることもなかったと思う (高本彩花) 本当にそうだと思う。 「セルフ documentary of 日向坂46」が好きなら Paraviで見れるおすすめ関連作品• (好花) ホントに?嬉しい! (美穂)松田好花っていう存在が大きくなってきてるのを一緒にいて感じる。 その度胸と器用さにもう少し自信を持ってほしいなと思っています。 人間関係が上手くいかなかったこと。 イオンシネマ三田WT• 自分たちだけの名前を手に入れてからもなお、常に危機感を持ち、「日向坂46」としての魅力を探し求める姿を描きます。 2020年6月10日閲覧。

Next