板倉 雄一郎。 板倉雄一郎

ハイパーネットの失敗は夏野剛さんに何をもたらしたか?――板倉雄一郎著『社長失格』を読んで

』 (1999年、小学館)• これは実際に陥ってみるか、こうした本でも事前に読んでいないと気づかないではまり込んでしまう落とし穴です。 ハイパーシステムのようなアイデア勝負のビジネスは、 短期間でシェアを獲得しないとより資本のある他社に真似されて終わりですから、 銀行融資に頼ることも、大風呂敷を広げることもやむを得ない面があります。 投稿者: ゆうどう - ハイパーシステムを開発し、「ニュービジネス大賞」まで受賞したITベンチャーの旗手による、成功と転落の自叙伝である。 お金はいらない。 。 1984年に約8万9,000のが不通となった「」の際に板倉の電話が混線し、同じく混線に遭遇した数人と同時に会話ができた事をヒントに、通信アプリケーションサービス会社の国際ボイスリンク株式会社を1989年12月に設立し、1990年6月からサービス開始。 自己破産に至ったというものです。

Next

社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由の通販/板倉 雄一郎

「板倉さんのとこにいた」と言ったインターネット系の知り合いの言葉の調子がどこか冷たかった理由が、読んでいて、わかった。 当事者中の当事者だった「元社長」が倒産の理由を1冊にまとめたが、決して恨みつらみを述べただけの告白本ではない。 現在、板倉氏の日々の投稿は、で行われている。 米国のビジネススクールでは、事業に失敗した経営者が講師となり、体験を語る授業が珍しくないという。 起業家と経営者は求められる能力が異なるというのは、言われてみればそうだが、気づけていない視点であった。

Next

[B! 板倉雄一郎] baboocon19820419のブックマーク

誰もが自分の事業の永続を願うが、時代が変われば事業が同じ様相で生き延びることはできない。 それは本人にとって『地獄の日々』であったことは容易に推察されますが、本書の最大の『価値』とは『ハイパーネットは挫折したのか』。 」 「新規事業を立ち上げるに当たってぼくには一つのセオリーがあった。 ハイパーネットではと提携して世界初のプッシュ型ダイレクト広告システムを利用した無料インターネット接続サービス「HotCafe」を展開し、ニュービジネス協議会より「ニュービジネス大賞」および「賞」を受賞した。 色々考えさせられました。 映画の「」でいえば、ショーン・パーカー世代の派手さと世代の地味さの差と言うんだろうか。 広く使ってもらうために強制的に宣伝するのではなく、影響力のある使いたいと思ってもらう人に使ってもらえばいい。

Next

板倉雄一郎とは

投稿者: 日経ビジネス - 1年前のクリスマスイブに、1つのベンチャー企業が破産宣告を受けて倒産した。 私は今個人で仕事していますが、当事者になると、客観的な 評価は非常に難しいですし、気づくのはだいたい事が起こった 後です。 倒産までの過程を書き記すことで、その役目を果たそうという著者の熱意が、悔恨の念とともに伝わってくる。 登録の必要のないゲストリスナーとしては、1ルームに付き1000名まで視聴可能になるそうです。 くらいでしょうか。 37億円の債務を負って自己破産。 いや、下手な小説より面白い。

Next

板倉雄一郎

銀行としては貸した金が返ってこないのは困りますが、 銀行員の多くは「自分の異動後なら知ったことではない」と思っています。 いわばこれも自転車操業です。 本にも出ているんだろうか...。 宣伝もしない。 その分、とても勉強になりました。 1996年3月期には売上高約7億円、経常利益約2億円を記録。 本日、汐留のホテルで新サービスの発表会がありました。

Next

社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由の通販/板倉 雄一郎

つまり、複数人で会話するだけでなく、ルームを公開すれば、複数人で音声の不特定多数に向けた放送局を作ることもできるのです。 『失敗から学べ!~社長失格の復活学』(2002年、日経BP社)• 約30億円という巨額の資金調達、ビル・ゲイツとの接触、NASDAQ上場寸前という絶頂から、少しずつ破綻に向かっていく内容は、起業における負の側面である「失敗」をリアルに描いた数少ない一冊として、起業ブームである現代にも多くの教訓を伝えている。 資金繰りや組織運営の苦悩が生々しく描かれていて、当時のベストセラーとなった理由がよく分かった。 著者は「銀行」を意識しすぎて、「銀行員」に対する観察が足りなかったように思います。 それとも、優れた記憶力の持ち主なのだろうか。 『真っ当な株式投資』(2007年、日経BP社)• それはいかに「自身の事業をつぶせるか」である。 すぐに、そして簡単に朝生を実現することができるのです。

Next

[B! 板倉雄一郎] baboocon19820419のブックマーク

・ C to Bの放送局サービス さらに、聞くだけなら登録も必要なく無料で視聴できるwebサービスなのです。 投稿者: shigeshige - 法廷で自己破産が認定されるシーンから始まり一気にストーリーに引き込ませる。 著者の体験は、日本ではなかなかベンチャー企業が育たない原因がどこにあるのかを浮き彫りにしている。 未だに本人が起業家気取りで講演を続けているのも不思議なら、それを金払って聞きにく学生たちも情けない。 後半は資金繰りや組織運営に苦しむことばかりが描かれていて、ミクシィも近い将来こんな感じになるのかなあと感じたりもした。

Next

板倉雄一郎とは

自分の考えを優先させた故に、相手に不信感を 与えるような行動になり、結果的に信用されなく なっていた。 世界400言語全てに対応。 実のところ、ぼくは五月のクーデター未遂事件以来、彼に対する見方が変わっていた。 堅実に本当に必要性が説明できることだけに資金を使っているなら、ここまで急いで貸し剥がしはしなかったのかもしれませんし、堅実にやっていても他の事情だけで貸し剥がししたのかも知れません。 そして、その結果広まる。

Next