住民 税 特別 徴収 転職。 中途入社した社員の住民税特別徴収について

【退職後の住民税手続き】3つの違い!特別徴収・普通徴収・一括徴収

なお、退職時の給与、退職金が一括して徴収を受ける住民税の額を下回る場合は、その後普通徴収で納付することになります。 たとえば1月に退職する場合は、1月から5月までの5ヶ月分の住民税が給与から一括徴収されますが、5月に退職する場合は、徴収されるのは5月分だけとなります。 個人事業主の場合は、「普通徴収」が「原則」で、それ以外の選択肢がありません。 つまり1月に退職するなら1~5月分の住民税が一気に襲ってくるわけか。 う~ん。 原則として給与支払者(会社)は、従業員の給与から住民税を差し引く「特別徴収義務者」として地方税法で定められており、その会社に勤務する従業員も「特別徴収」によって住民税を納付することが、間接的に義務付けられていることになります。

Next

転職時の転職先での住民税の徴収方法は4通り!特別徴収or普通徴収?

翌年1月1日から4月30日までに退職等をした場合。 しかし、会社を辞める場合には、給与から徴収の上で納付してもらうことができなくなるため、状況に応じて以下の3つの方法で納付することになります。 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトの」• こちらの税率は一定で決まっています。 「普通徴収」という名前から一般的な支払い方法にも見えるデジが、個人事業主(フリーランス)よりも会社員の方が圧倒的に多い現状を考えれば「特別徴収」の方がよほど一般的デジね。 この記事は約6分で読めます。 (市によって異なる。

Next

住民税特別徴収~社員の入社・退職時の手続き~【会計事務所職員が解説】

住民税の一括徴収を依頼する場合 住民税の特別徴収は6月から始まり、翌年の5月で完納します。 まとめ• 地方税法第321条の4及び各市町村の条例の規定により、所得税の源泉徴収義務がある事業者は、個人住民税の特別徴収義務者として包括的に指定され、住民税を特別徴収していただくことになっています。 転職後も住民税の特別徴収が継続可能 現在勤めている企業で、住民税を特別徴収によって納付している場合、転職先の企業においても、引き続き特別徴収を継続することが可能です。 特別徴収の納期特例 特別徴収は、原則、給与天引きした翌月10日が納期限となりますが、事前申請を要件に、納期が年2回に短縮される「住民税特別徴収の納期特例」の制度があります。 また、新しい職場で何も言わなかった場合は、自宅に住民税納付書が送られてきて「普通徴収」を行うことになります。

Next

転職者は要チェック!転職後の住民税の手続きまとめ |Bizpedia

(数年前から、特別徴収への対応が強化され、従業員2人以下の事業所等以外は、基本的に普通徴収の選択ができなくなりました。 退職しても住民税は払う義務がある 住民税は仕事をしているかどうかにかかわらず、納税しなければなりません。 住民税は、前年度の所得に応じた県民税と市民税の2つを合わせた税額のことをいい、住民税を住民自ら納付する方法を「普通徴収」といいます。 もし、仕事をやめて、現在無職の状態でも、過去1年間に所得があった時は住民税を払わなければなりません。 退職日が1月1日から5月31日までの場合 1月1日から5月31日までに退職すると、 退職月から5月までの住民税が最後の給与から 一括徴収されます。

Next

住民税の特別徴収に関する基礎知識 転職時の疑問も解決!

一括徴収 退職時に数か月分の住民税を一括で支払うことを一括徴収と言います。 6月~12月に退職する場合 特別徴収を行っていた方が6月~12月の間に退職した場合は、• 動向を見守りたいです。 何かしら手を打たないと、と漠然と感じている人も増えています。 え?でも道府県民税って東京都がないじゃん! という細かい話がのどに突っかかったという人はをご参照下さいw 住民税は、 1月1日に住んでいる地域に支払う税金ですので、その後引っ越しした場合は、翌年その地域に納税することになります。 実際には、入社2年目の6月に支給される給与から、住民税の天引き(特別徴収)が開始される仕組みとなっています。 A社は、2018年3月まで勤務しているため、3月までの住民税を特別徴収として天引きし市区町村に支払います。

Next

Q169 入社・退職時の「住民税特別徴収」関連手続

総所得金額等を計算する 各種所得の金額を合計し、総所得金額を算出します。 )転職年度は、新入社員については、この手続きは行っていないことから、特別徴収への切替手続きを行わないと、普通徴収で住民税を納めることになります。 通常、市町村が計算した「個人住民税」の計算結果が5月中旬ころ、会社宛に通知されます。 給与所得控除額とは会社員の経費のようなもので、給与収入から一定の金額を差し引けるというものです。 その納付書で住民税を納付し、その後転職後の会社に普通徴収から特別徴収への切り替えを依頼すると、手続きが完了次第、給与から住民税が天引きされるようになります。 それ以降は支払うものがない以上、前職の会社で住民税を天引きすることはできません。 住民税の一括徴収は個人の負担が大きくなることから、普通徴収に切り替えるのが一般的です。

Next

『転職時に住民税の特別徴収制度を継続できませんか?』というお問い合わせに対して

ただ、退職から再就職までしばらく期間が空く場合や、何らかの事情で新旧の勤務先でのやりとりをお願いできない場合など、特別徴収を継続できないケースもあると思います。 退職金が支払われる人で再就職先が決まっていない人は、住民税の請求がくるまでの間はできるだけ退職金を残しておくことをおすすめします。 辛いね…。 これらの仕組みや手続きは複雑ですが、知らないと突然、高額のお金を納税する必要が出て来る場合もあります。 おすすめのやり方ではありますが、このやり方には重大な問題点があります。 自分で払う場合には払い忘れが出てきますが、給与から自動的に払われることで払い忘れの心配がなくなります。 アーカイブ• また、普通徴収の納付期限が切れている分に関しては、特別徴収できないので注意しましょう。

Next