早急 な ご 対応。 「早急」の正確な読み方が「そうきゅう」じゃないって知ってましたか?知らない人が9割!

「早急なご対応」とは?意味や使い方を解説

きそう と読まれていましたが、時代の変化と共に• しかし、「早速の対応」という言葉を使う場合には注意しなければならないことがあります。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 8/20の英語のご質問以来ですね。 例文です。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。

Next

「早急」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「早速」 「早速」は「すみやかなこと」「すぐ行うこと」「すぐに」を意味する言葉ですが、文章の途中からしか使えない形容動詞の「早急」とは違い、形容動詞・副詞の「早速」は文章の最初につけてもかまいません。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 むしろ、このようなフレーズを使った方が、相手も親しみ深いと感じてくれるはずです。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 迅速なご対応 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。

Next

「早急(そうきゅう)」と「早急(さっきゅう)」の意味の違いと読み方

「対応」の意味は、周囲の状況などに合わせて物事をすること。 ・「感謝する」という表現の例文• ここではまず「感謝する」を表現する2つの動詞を紹介します。 「そうきゅう」はいわゆる慣用読みで、後述するように、本来は「さっきゅう」と読むのが正しいとされています。 一見間違っていないように見えるのですが、正しくは「迅速な対応をしていただき」という表現になります。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 この例文であればこの後にお礼の言葉を添える流れになるかと思います。

Next

知らないと恥をかく!「早急」の正しい読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

・We are grateful for your speedy response. 早急の由来 どちらも似た意味を持つ漢字なのですが詳しく見ると違いがあります。 「早急のご対応に感謝いたします」という表現は、「おかげ様で新幹線に間に合いました。 「迅速な」「早急な」「早速の」など、他に敬語表現として使える類語表現が多数ありますので、こちらを使うようにした方が、ビジネスメールの中における敬語表現としては妥当だと言えます。 上司や同僚など社内の人に対して使う場合もあります。 。 上手く使えると便利な言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。

Next

「迅速な対応」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

・突然の依頼にも関わらず早々にご対応いただきお礼申し上げます。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 また、自分の対応について答える場合にも「迅速な対応」という言葉は使うことができるでしょう。 基本的には、敬語はNo. 早急な対応にも丁寧さが必要だ 早急は何か解決すべき差し迫った問題がある場合に用いられることが多いです。 そして、もう一度口頭で催促します。

Next

「早々のご対応」は上司に使える?意味とビジネスの例文と類語、英語表現

「早々のご対応」の類語・言い換え 早速のご対応 「早速」の読み方は「 さっそく」です。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早々のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 ビジネスでは「迅速なご対応ありがとうございます」という表現が頻繁に使われます。

Next

対応(たいおう)とは

迅速に依頼すること 2. たとえばNo. なお、美化語「ご」については、あくまでも名詞を美しく飾るものですので、 尊敬の場合も謙譲の場合も使用できます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 「なるべく早く対応します」の別の敬語表現の例とは? 相手に対して、何よりも早く対応したいと考えていることを伝えなければならない時に役立つのが「第一優先で対応させていただきます」という敬語が使われているフレーズにです。 というわけで「とても迅速」は別に不都合や慣例を外れた場合の違和感はないと私は考えます。 「早速の対応をしていただき、ありがとうございます」とすれば、使用可能です。

Next