神戸 インディ ペン デント 映画 祭。 インディペンデントとは

福岡インディペンデント映画祭(FIDFF)

まず、グランプリ作品『グラフィティ・グラフィティ!』(監督:松尾豪)。 作品尺は問いません。 com速報)• その最も極端な例が『スター・ウォーズ(SW)』シリーズで知られるジョージ・ルーカスで、キャラクタービジネスで巨万の富を築いた彼は、SW新3部作では制作費を自ら出資、製作において絶対的な権限を握った事から、「世界で最も贅沢なインディーズ映画」と言われている。 自主制作作品の歴史 [ ] 映画が発明されたばかりの19世紀末から20世紀初頭にかけては、興業としての映画は未成熟であり、自主映画と商業映画(劇場映画)の境界は存在していなかったといえる。 G.U22部門 制作年次に監督が満22歳以下であること。 All rights reserved. エントリー受付順に掲載 グラフィティ・グラフィティ! 松尾豪 30.。

Next

英誌が選ぶ「米インディペンデント映画ベスト50」 : 映画ニュース

もちろん、グラフィティの見せ方もカッコいい。 創刊の年の部数は27万部ほどだったが、1989年、1990年には41万部にまで伸びた。 INMは2010年に同紙をアレグサンダーAlexanderとエフゲニーEvgenyのレベデフLebedev父子の経営する会社(インディペンデント印刷会社)に売り渡した。 エントリー受付順に掲載 テロルンとルンルン 宮川 博至 49. 1970年代に入ると、1965年に提供開始された向汎用の8mm映画システムの・が、一般的な家庭でもホームムービー用に使用される様になり、そのカメラなどの機材を使用して、学生世代による若い感性の自主映画が次々と発表されていった。 価格の適用範囲についても、 ご覧ください。 自主映画のみを対象としたも存在し、、などがある。 米ニューヨークのリトル・イタリーを舞台に、2人の青年の生き様を描いた初期の傑作で、主人公を演じたとの出世作ともなった。

Next

英誌が選ぶ「米インディペンデント映画ベスト50」 : 映画ニュース

作品の発表・未発表は問いません。 (複数の作品ご応募の場合は作品毎にDVDに収録してください) ・日本語以外の言語による作品は、日本語字幕もしくは日本語吹き替えを作品自体につけてください。 制作費を出資・調達するプロデューサーや映画会社などの圧力を避けるために自己資金で製作を行う事がある。 ここには、情報誌「」や「」、やなどのによる、自主映画への制作・公開への支援や媒介として作用した事も、自主映画が拡大する要因であった。 欧米では、インディペンデント映画と表記する場合、ハリウッドのメジャースタジオ6社の傘下に属していない独立資本やアートハウス系のスタジオなどをインディペンデントとして扱う。 準グランプリの『そしてまた私たちはのぼってゆく』(監督:磯部鉄平)は、映画を構成するどの要素においても設計力の高さと緻密さに秀でており、観ているこちら側も画面の中に迷い込んでしまうような感覚を与えてくれます。

Next

福岡インディペンデント映画祭(FIDFF)

日本における自主映画 [ ] 日本における 自主映画(じしゅえいが)は、商業映画ではない種類のを指す。 みずほ銀行 祐天寺支店(普) 口座番号:1082744 口座名:株式会社カスタネット 作品 1.作品素材 ・DVD(NTSC・リージョンフリー)のみの応募になります。 だが、現在の日本では学術的に映画や映像技術を学べる体系はそれほど整備されておらず、大学機関でも学問として映画を専門的に学べる所は他の先進国と比べ格段に少なく、海外に留学する映画青年も多い。 また、映画情報WEBマガジン、インデペンデント映画製作・配給との連携により、 応募監督を対象に「映画制作」「映画上映」の支援を積極的に行っています。 60分部門最優秀作品『子供は天使ですか』(監督:川西薫)は、デコボコな主人公ふたりの掛け合いが楽しくも身につまされる、シナリオの力を実感できる作品です。 ベスト30は以下の通り。

Next

英誌が選ぶ「米インディペンデント映画ベスト50」 : 映画ニュース

自主映画出身でメディア関連で活躍する人々 [ ]• 募集部門 A.短編作品部門 B.中編作品部門 C.長編作品部門 D.音楽作品部門 E.アニメーション部門 F.ドキュメンタリー部門 G.U22部門 審査費用 A.短編作品部門 2,000円 B.中編作品部門 2,000円 C.長編作品部門 5,000円 D.音楽作品部門 2,000円 E.アニメーション部門 2,000円 F.ドキュメンタリー部門 2,000円 G.U22部門 1,000円 応募規定 2016年1月以降に完成した作品であること。 最終的には、各メンバーの「これは絶対に入れたい」という気持ちの強さで決まったほど審査会は白熱し、個性的かつ力強い作品が出揃ったように思います。 ここに挙げるのは、自主映画の監督として映画界で知名度を得た後に、商業映画に進出した監督である。 だが、それゆえの楽しさが生み出される事もあり、熱狂的な支持を得ている作品や伝説的な存在になっている作品なども少なからず存在する。 応募者都合による応募辞退の場合には、お振込みいただいた審査費用をご返却できません。

Next

インディペンデントとは

近年はフィルムと比べより手軽で安価なの普及やデジタル技術の発達から個人によるデジタル制作も増えてきており、劇場スクリーンでの鑑賞にも十分耐えられる高画質のビデオカメラを、学生やアマチュアが使いこなして映像を創り出す時代になっている。 発行部数は、2000年には22万部だったのが、2011年時点では18万部に減少している。 A.短編作品部門 20分以内の作品であること。 脚注 [ ]. 楠田恵子• 案内掲示板に「六本松」と書かれたバスにご乗車ください。 作品権利などが制作者 主に監督 にあるので、自主映画といわれる。 E.アニメーション部門 アニメーション作品であること。 』 (監督 比嘉 一志) 『Share the Pain』 (監督 中嶋駿介) 『凪の憂鬱』 (監督 磯部鉄平) 『ウイッシュ・フォー・ユー』 (監督 大川祥吾) 『VR職場』 (監督 高島優毅) 『あるいは、とても小さな戦争の音』 (監督 村口知巳) 『憧憬を食らう』 (監督 ワタナベカズキ) 『わたしのヒーロー』 (監督 佐藤陽子) 『腐葉之春』 (監督 久保裕章) 『ASTRO AGE』 (監督 小川貴之) 『万置き姉弟』 (監督 佃 尚能) 『One Cut in the Life』 (監督 発智新太郎) 『おべんとう』 (監督 矢野数馬) 『ちっぽけな衝動』 (監督 佐藤悠玄) 『審判』 (監督 船曳真珠) 『あの子の秘密』 (監督 片岡けんた) 『昨日はすべて返される』 (監督 さとうゆか) 【福岡インディペンデント映画祭2020 作品総評】 福岡インディペンデント映画祭(以下、fidff)に、心血を注いだ大切な作品を送り出してくださった出品者の皆様に、心から感謝申し上げます。

Next