かんぽ ニュース。 かんぽ生命に関するニュースが報道されていますが、今後どう...

局員が語るかんぽ不正の実態「良心がまひしていった」と後悔

の長門正貢社長は24日の記者会見でノルマを軽減する意向を示した。 一連の不正販売問題によって、郵政グループの存在意義が問われている。 病気が見つかり契約解除され、保険金が支払われない• 胸を打つよ。 報道で不正販売の実態が報じられても、管理部門の幹部たちは「リークした奴(やつ)は絶対に見つけ出す」と口止めに走った。 しかし昨年7月、会社が不正を全面的に認めたことで事態は一変する。

Next

契約撤回、他社も驚く30分の1 かんぽ内部資料で判明 [かんぽ不正]:朝日新聞デジタル

旧契約を解約せずに契約を見直せるように契約転換制度を導入する。 不利益販売の背景には、保険を販売する郵便局職員への過大な営業ノルマの存在があったとも指摘される。 長引く低金利の影響で保険料が大幅に値上がりし、かんぽの主力商品である貯蓄型保険は魅力を失った。 一つは「契約期間が6ヶ月以内に解約して新しい保険を契約してもらっても営業成績は半分になる」というものと、 二つめは「解約後3ヶ月以上は期間が空いていないと新しい契約と見なされずに営業成績は半分になる」というものです。 すでに顧客となっている人に別の保険を契約させる この2つがあります。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 元々はまじめな営業マンだった。

Next

「会社全体が狂っていた」かんぽ不正、局員が語る後悔の念(西日本新聞)

昔から詐欺まがいの営業をする局員はいたが、直属の後輩には「変な営業は絶対にするな」と厳しく指導してきたという。 その内容は暑中・残暑見舞いはがき「かもめ〜る」の販売ノルマが達成できないため、自分で購入するいわゆる自爆営業をせざるを得ない実態を暴露するものでした。 不必要な保険の乗り換えで保険料を上昇させた• かんぽ生命は「過去5年分の保険契約を調査し、問題があったと判断すれば訪問する」としている。 まとめ ・かんぽ生命とは何? 「かんぽ生命」とは「郵便局」が販売している生命保険で、2007年の郵政民営化に伴い「かんぽ生命保険」という生命保険会社が誕生し、全国にある2万店以上の郵便局で販売されています。 だから今回、多くの高齢者が郵便局員を信じて、かんぽの契約を言うがままに結んだんだよ。 契約数の9割は郵便局員が販売しているのだが、契約件数は勤務の評価の大きな割合を占めており、過剰なノルマも課せられているのが実情なのだ。 仕事っていったい何なんだって問いかけてくるよ。

Next

かんぽ生命に関するニュースが報道されていますが、今後どう...

郵便局って、色んな形で地域の人々に密着してて、そこに厚い信用があった。 当初、男性はこうしたやり方に嫌悪感を抱いていたが、厳しいノルマに追い詰められ、3年ほど前から自身も手を染めるようになる。 個人宅を訪問し、かんぽ生命の保険商品を販売するのが主な業務だった。 かんぽ生命の不正販売問題で、顧客が一定期間内に契約を解除する「撤回」が多数あったことが内部資料でわかった。 かんぽ生命不正の内容をわかりやすく解説 かんぽ生命不正のまとめとして、6つのポイントを紹介しました。

Next

かんぽ生命のいきすぎた契約のニュースがありましたが、民間なの...

郵政グループは調査をほぼ終えており、約4万2千人の顧客に保険料を返還するなど被害回復措置を取った。 約30年間、保険営業を担当してきた50代の郵便局員。 不必要な保険の乗り換えで保険料を上昇させた• 養老保険や終身保険を主な商品として扱っており、民営化されたとはいえ「郵便局の保険」というブランドイメージが強い安心感を生み、高齢者の契約者が多いことが特徴です。 約102万通の回答があり、うち3661件で不正の疑いが浮上している。 郵政グループは調査をほぼ終えており、約4万2千人の顧客に保険料を返還するなど被害回復措置を取った。 新しい契約をしてもらうには、• かんぽ生命不正発覚のきっかけやSNS禁止の理由は? かんぽ生命不正発覚のきっかけはなんだったのでしょうか? また、かんぽ生命の職員に対してSNS禁止の命令が下された理由について見ていきましょう。

Next

契約撤回、他社も驚く30分の1 かんぽ内部資料で判明 [かんぽ不正]:朝日新聞デジタル

。 小泉さんが声高らかに「反対する連中は抵抗勢力だ!」って。 かんぽ生命不正で職員のもらえる手当金や被害は? かんぽ生命の不正が行われた理由には職員のノルマ・営業成績を達成するため、そして契約件数に応じて支給される手当金目当てに契約者の命をなんとも思わないこのような凶悪な事件が当たり前に行われ続けていました。 保険の契約を1件結ぶって大変な仕事だと思う。 だけど小泉さんは選挙で大勝して、国民から郵政民営化のお墨付きをもらった。 かんぽ生命は27日に「募集の手続き自体はきちんとしている」(室隆志執行役)と説明したうえで「不適切な販売」にはあたらないとの考えをあらためて示した。

Next

かんぽ生命のいきすぎた契約のニュースがありましたが、民間なの...

関与した局員やその上司の処分は今後行われるという。 特定事案は、いずれも乗り換えに関する契約。 詐欺体質組織だ• これは顧客が申し込んだ段階で実績にカウントする仕組みだ。 歴代の経営陣は政府の意向を実現するため、現場に過剰なノルマ主義を導入して収益を上げようとしたが、ここに大きな落とし穴があった。 1円切手だよ。 保険問題に詳しい経済ジャーナリストは言う。

Next

かんぽ生命、1.9万件乗り換えできず 不利益販売調査へ :日本経済新聞

「娘や息子に知られたくないと泣き寝入りした高齢者がたくさんいると思う」と打ち明けた。 郵政民営化って確か、国家公務員を減らします、財政の無駄を無くします、って話だったよな。 今度は姑がA子さん夫妻を被保険者とする「終身保険」を契約、さらに舅の名義で孫の「学資保険」も追加で契約していた。 関与した局員やその上司の処分は今後行われるという。 2つのポイントを挙げます。 昔から詐欺まがいの営業をする局員はいたが、直属の後輩には「変な営業は絶対にするな」と厳しく指導してきたという。

Next