ご 承知 ください。 目上の人には失礼?「ご承知おきください」の意味と使い方

「ご承知おきください」の意味とは?社内や取引先で使える?言い換え・英語表現を徹底解説

上司に「ご承知下さい」は失礼でしょうか?... ・Due to various circumstances, we are closed today. こうした間違いは、社外の人はなかなか正してくれません。 ・ビジネス文書・メールなどで使う場合 【例文】今般お知らせしました「A社撤退情報」が部外秘であること、何卒、ご承知おきのほどお願い申し上げます。 ・当時は混雑が予想されるので、お車でのご来場はご容赦ください。 といった使い方ができます。 「ご承知ください」や「ご承知おきください」などの意味や使い方はお解りになりましたか?尊敬語や謙譲語が複雑に入り乱れて使われるのがビジネス上の文書やメール・手紙などです。 「ご認識ください」を言い換えて「ご認識のほどお願いいたします」、あるいは「ご認識いただきたくお願い申し上げます」と言い換えれば丁寧な表現となります。 といっても、最近はそこまで使い分けられているのをあまり見かけませんがw 日本語を正確に理解しているかと聞かれればイエスとは言えませんが、 確かに上司に向かって「ご承知下さい」とは言いませんね。

Next

「ご了承ください」の意味、使い方、返事の仕方

「どうしますか」は日常会話で使用する際は問題ありませんが、ビジネスシーンで使うとなると軽い表現に聞こえてしまいます。 「ご理解ください」は、わかってください・察してくださいという意味で、「ご了承ください」の言い換え表現としても使用可能です。 理由を添えて「ご承知おきください」という表現で遅れを伝えることができるのですが、このような表現を使った方がいい場合もあります。 また、よく使用する「お願いいたします」の「いたします」を漢字で表記する人もいますが、先ほど説明したように、こちらも補助動詞として使用しているため、漢字ではなく、ひらがな表記が正しでしょう。 それを避けるためにもCHEWYで日本語を含むビジネスマナーを確認してください。

Next

目上の人には失礼?「ご承知おきください」の意味と使い方

皆様方からのたくさんのご回答を賜れば幸甚です。 あったら是非教えてください。 これも一般的にはそのとおりでしょう。 「ご承知ください」を使うような状況は、不特定多数の人々にあらかじめ通知しておく場合、あるいは、債務者に厳しく催促や督促を行う場合などに使われます。 上記【「了解」「了解です」「了解しました」「了解いたしました」〈4〉】参照。 このようにご承知おきくださいという表現は、知っておいて欲しい要望を広く伝える場合によく使われます。

Next

「ご承知おきください」の意味と使い方・正しい敬語なのか・言いかえ

したがって、 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 だが、「謙譲語か」訊かれれば、NOと言うしかないだろう。 その理由としては、「敬意が感じられない」「軍隊・警察のようだ」「ぶっきらぼうに感じられる」などが挙げられていますが、明確なことは分かっていません。 上記のように簡潔に文章をまとめ、必要な場合は自分の名前の後に導入文章を一行程度加え、「よろしくお願いいたします。 「〜しております」「〜いたします」は相手に許可を得ている、得ていないと関係なく使うことができるので非常に便利に使える言葉です。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。

Next

承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

見慣れない敬語表現に最初は戸惑いますが、何度も見たり実際に自分でビジネス文書や手紙を書いてみることで難しい尊敬語や謙譲語の意味や使い方が解ってきます。 「お留めおきください」は「ご承知ください」と同様に、尊敬語「お留め」を使っていますが、敬語表現ではありません。 私は「おき」の意味合いなど考えたこともないし、きちんとした説明になっておらずすみませんが、 上司の方のご意見が正しいことは間違いないと思います。 例えば「休日につきましてはメールの返信が遅くなる場合がございますのでご承知おきいただきたく存じます」といった形で使うことができます。 このライフレシピのもくじ 【】• これらの敬語は、使い方を間違えると失礼に当たることもあります。 この度は、飲み会のお誘いをいただきまして、 誠にありがとうございます。 また「承知」に謙譲語「承る」の「承」が含まれているため、「承知」は謙譲のイメージが強い言葉になってしまいます。

Next

「了解」「了承」「承知」「承諾」

「ご承知おきください」を使用する際は親しい間柄である場合に限定するなど、相手との関係性に十分注意しましょう。 そういう意味もあって上司の方はお怒りになったのではないでしょうか。 ただ「どうか何卒お願いいたします」「どうぞ何卒お願いいたします」などと、「何卒」と「どうぞ」「どうか」は一緒に用いることはできないので気を付けましょう。 似たような意味の2つの言葉ですが、状況によって使い分けできると良いでしょう。 例文2.「〇〇と申します。 「了解いたしました」自体は本来、目上・目下にも使えるフラットな表現であるにも関わらず、2000年代後半からビジネスマナー書やビジネスメールの指南書において「了解いたしましたを、目上の人、取引先相手に使うのは不適切」という記述が現れ始めました。

Next