扇風機 グリス。 扇風機に塗るグリスってあるの?

扇風機の羽の回りが悪い!扇風機の回転が遅くなる3つの原因とは?

難癖をつけて商品を交換するのがクレーマーで臭うのが事実なら難癖では無いじゃないですか。 なんとウォームギアのかみ合わせ調整?に、 ワッシャ(矢印)が挟んである。 コンデンサが劣化すると発火することもあるようなので、注意が必要である。 ほとんどの機種は矢印のねじを外すとカバーは外れます。 また取り替えになりました。 試してみたら確かにモータが唸るだけで廻らない。

Next

扇風機の超簡単お掃除!半年間、ホコリまみれじゃ夏は迎えられない!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

こうなると部品の経年劣化などが心配です。 つまり扇風機の首振り機能の要の歯車もプラスチック製になってきています。 が検索してみる限り主な原因のようです。 決して使わないで欲しいもの・・・潤滑油をシリコンオイルで薄めたタイプ。 Q こんばんわ 富士通のエアコンを昨年購入、タイプはわからないのですが、2部屋を楽々冷やせると 言われたのでかなり大きいタイプだとおもいます。

Next

古い扇風機の不快な「キュルキュル」という異音を応急処置で消す方法

周りの部分に余計な潤滑剤が掛かってしまいベタベタになる可能性があったので、私の場合はティッシュなどに潤滑剤を吹き付けて、軸部分を軽く拭きました。 ホコリ臭いにおいがしたのは、「送風」を数十分作動し続けた時と、冷房の温度設定を28. 回転式のファンであれば、取り替えた方が安いと思います。 ミシン油や自動車のエンジンオイルなどのちゃんとした潤滑油を使いましょう。 次に、右側の首ふりの駆動部に油を差すために、上の写真の右側の黒いカバーの部分をねじを外して分解するが、首ふりのボタンの軸は、上下に移動させないように注意しておく。 どういった臭いかにもよりますが、危険度が高い臭いはこれらです。 モータ モータが見えてきた。 ホコリ臭いにおいがしたのは、「送風」を数十分作動し続けた時と、冷房の温度設定を28. 劣化してくると弱にするとまわらなくなったり回転が不安定になったりします。

Next

扇風機

2007年• ナット状の部品で固定する機種が多いのですが、キツく締めすぎると羽根の回転が遅くなったり止まったりします。 検品もかなり甘いようですので、気を付けるべきですね。 Q 車や自宅で 潤滑目的で上記の3つを買ってきました。 正面のビス3本を外す(1本は軸に隠れて見えない)。 製造番号が"07"で始まっているので、2007年製か? まだ2年目だった。

Next

何でもかんでもKURE556使うのはやめましょう : xellossの「人生ソロプレイ日記」

ベアリングを使用していないモーターの場合も軸受けが磨り減っていたり、変形したりすると出ます。 負荷が小さく、すべりを期待する場所・・・サッシの擦れ合う部分とか、引き出しの擦れ合う部分とかには効果的です。 7〜9月 1ヶ月に1回の頻度で、掃除を行っていきます。 回転部分のオイルが切れてたり、モーター軸に紐が絡まったりしてると回らない事があります。 以前10年位使っていた同じメーカーの物が急にカビ臭くなり、近所の電気屋さんに、エアコンを分解してクリーニングして貰っても臭いが改善されなかったので、新しく買い換えたので、今度はカビを生やさないようにと思い、新しく買ってからは、5分でも使ったら、兎に角、エアコンを使った後は必ず毎回内部乾燥をしたので落ち度?はないと思います。 外枠の内側にツメがあるので、その付近にヘラを食い込ませれば、テコの原理で外せます(金属のフレーム部分が曲がらないよう注意!)。

Next

扇風機

新しいベアリング入れる場合は、 ベアリングの内輪を、押すか叩いて入れる。 それからもう一つ参考までに・・・ 運転音が気になりだしたとのことですが、この種の換気扇モーターはカバーが圧接されているものが多く、分解できませんが音の原因はモーター内部の軸受だと思います。 カバーを外したところ。 故障には、買って直ぐの初期故障、予期せぬ偶発故障、いわゆる寿命故障も有ります。 油を差し終わったら、全て組み立てなおし、低速でファンを回す。

Next

扇風機

この機種は臭いが出るものと諦め、ひと冬越せば暖房運転で臭いは弱くなる・消えるものと期待してこのまま使う事にするか、やってくれるかどうか分かりませんが販売店に相談し他のメーカーのものに替えてもらうか少し様子を見る積りです。 たまたま外れに当たったのかも知れませんが取り替えるなら同じ機種はお勧めしません。 そうするだけで、扇風機にホコリが付きにくくなるんです。 軸受けのベアリングが消耗している そして、二つ目の要因は、軸受けのベアリングが消耗している。 金属製のヘラ(スパチュラ or スクレーパー) 注意!最初にコンセントを抜いてから作業を始めてください。 温度ヒューズ モータ内に 温度ヒューズがついているようなので、もし回転が止まっても発火するようなことは防げそう。

Next