ケルビン ギア。 ケルビン525デコの長所短所

ケルビン525・ケルビン525デコのおすすめギアを調べてみました!

立ち回りで注意すること メインについて 疑似2確プライムシューターベッチューの最大の特徴は シューター最速のキル速です。 3 イカニンジャを取ってジェットパック回転率を強化したギアに。 5 メイン1サブ5 25 59. 5 マニューバー スパッタリー 36 38. 一撃の重みを取るのも良し、ガシガシ回すのも良し、どっちでも、いや両方取るのも良い選択だ。 どうも突っ込みしづらい組み合わせのようで、中衛立ち回りなのであればH3リールガンDのほうがあってるとのことです。 ボム+メイン射撃=確殺数-1• 通路維持を担当することが多いので、インク系統が欲しいなと思ってメインインクを積んでいます。 4積むことで1発49. ・ 地上での射撃中の弾がブレにくくなります。

Next

メイン性能アップギア効果まとめ

メインインクのお話がありましたが、ケルビンには不要なのでしょうか? 結論からいうと、ケルデコにはいらないと思います。 バルブ固定が特殊なタイプの場合は取付けに際して加工を必要とすることがございます。 ヤグラに投げれば敵が乗るのは不可能なので 延長戦でナイスダマを溜めておけば確実に勝てます。 3 kuさんのケルビン525使用時のギア構成 kuさんといえばマニュコラですが、ケルビン525の可能性も探すためオープンレックで配信していたのをアーカイブで見つけました。 9 スプラスコープ 160 169. 予めご了承ください。

Next

ケルビン525デコの長所短所

0 (2019. ご注文のタイミングやご注文内容によっては購入履歴からのキャンセルや修正を 受け付ける事が出来ない場合がございます。 シールドがあれば3確でも全然戦えますよ。 中でも温度が絶縁の劣化に対して支配的であることから、絶縁の耐熱クラスが「JIS C 4003」で規定されています。 仮に維持をするっていう観点で行動するならば、 前目でヘイトを集めることで維持するのが大事です。 1で効果を発揮するギアも大事だと思います。

Next

ケルビン525・ケルビン525デコのおすすめギアを調べてみました!

Ver. ローラーの1確殺射程が伸びる メイン性能アップの「ダメージ量アップ効果」には与ダメージ上限が設けられており、100ダメージを与えるのに必要な攻撃回数 確殺数 自体は減らせません。 プライムシューター類 ・あたえるダメージが大きくなります。 通常時なら3回当てなければ倒せないが、 スライドをすると2回当てれば倒せる。 2発当てると99. 1のころは. ケルビンは軽い中衛なので、中衛でいつつ前に出るべきところで出れるのがいいところです。 1 クアッドホッパー 28 29. インク効率も塗り効率も悪いので塗り合いでは勝てません。 まずはとにかくエイムを試し打ちで練習しました。 kuさんの場合は弱いと言っていてもかなり強かったですが、、 ガチマッチではギアを貯めているようでしたので、対抗戦で使用していた3つのギアを紹介させて頂きます。

Next

ケルビン525ベッチューの立ち回りのコツとおすすめのギア!

9ダメージ ただ、ボムとメイン射撃のコンボ、スリップダメージを受けた敵を攻撃する場合等であれば、確殺数を減らすことが可能です。 9 サブ7 21 58. イカ速1. ほかの疑似確ブキを担ぐときに使いまわしやすく、作るのは大変ですがメリットは大きいです。 5 メイン2サブ5 35 61. カンモンはヤグラにナイスダマ、 攻めは防衛ポイントにナイスダマでなんとかなります。 初心者ガイド• こちらも一つ前のギアと一緒で、ゾンビが1.3止まりなので、1.4にしたほうがいいですね。 スプラローラー類 ・あたえるダメージが大きくなります。

Next

スプラトゥーン2について。最近ある方に憧れてケルビン525デコ...

僕は少しメインインクが不安なので積んでいます。 一般用三相かご形誘導モーターにおける耐熱クラス(絶縁)としては、A・E・B・F・Hの5種があります。 お取付に関して当店ではサポートは行っておりません。 ケルデコメインではないですがXでケルデコを使うものです。 。

Next

【メイン性能アップ】疑似確に必要なギアパワー数は?

これは完全に好みなのでなんとも言えませんが、車検を意識すると6000ケルビンの純白色が妥当でしょう。 現環境では完全にヤグラ最強ブキだと思います。 シールドシューター武器が少ないからでしょうかね スプラ1では、「シールド見たらとりあえずボム当てとけ」くらいの感じでボム投げられてました笑。 無印と比べ、更に向けに特化させたような構成となっている。 ダイナモローラー類 ・あたえるダメージが大きくなります。

Next