徳山スタート展示リプレイ。 ボートレース徳山競艇場の特徴を完全攻略【舟券予想のコツやポイント】|競艇万舟屋

ボートレース徳山 Official Site

でも、心配は無用です。 9 22. 5秒以内のスタートをしている選手は調子が良い可能性が高いです。 3 2 15. 当日の展示タイム 当日の気候や水面状況とのマッチング具合を判断するために欠かせないのが当日の展示タイム。 選手同士の駆け引きやモーターの調子などです。 0 33. 0 5 3. 0 0. 1 19. スタート展示でフライングをしたとしても、ペナルティが課せられないためです。

Next

ボートレース徳山 Official Site

唯一、SGを制している柳沢一(愛知)が地力上位の存在だ。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 コースが決まるとスタートです。 レース直前に行われるものなので、その日の気象条件などの影響も判断材料になります。 レースに関係した舟足を反映しているので、直線だけを計測した展示タイムよりも、より実戦的です。 展示航走の分析方法をマスターして、予想力を高めましょう! スタート展示で確認するべきことは? スタート展示 その後のレースを走る選手がスタート練習をする「スタート展示」。 ターンのたびにボートが暴れていれば、消極的なレースになってしまいます。

Next

ボートレースまるがめ Official Site

地元選手は下位級であっても簡単に外せない 潮位差が激しく満潮時と干潮時ではスタートラインから見て見える景色が違うとも言わせるのが徳山競艇の大きな特徴の一つ。 展示航走は模擬レースのようなものなので、出走表を見ただけではわからない情報を得ることができます。 要約まとめ• 下の方へ消える選手の方が良いに決まっているのです。 展示航走の 2周目では6艇の艇間隔も観察してください。 注目はスリットで立ち遅れた感じの選手の動きです。 1 2 12. 予想をする際は、出走表の平均スタートタイミングなども参考にするとよいでしょう。

Next

ボートレース徳山競艇場の特徴を完全攻略【舟券予想のコツやポイント】|競艇万舟屋

競艇では、艇番と進入コースが異なるため、スタート展示は予想する上での大切な情報となります。 5 7. スタート展示と周回展示 展示航走には、 スタート展示と 周回展示の2種類があります。 要約まとめ• 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 コース 1着率 2着率 3着率 4着率 5着率 6着率 1 62. スタート展示で見るべきポイントは? スタート展示で見るべきポイントは進入隊形とスタートタイミングです。 これによりレースに波乱を及ぼすこともあるので、水面同様に風向や風力も徳山競艇で舟券購入の際にはチェックしておいた方が良いでしょう。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。

Next

ボートレース徳山 Official Site

ポイント3:枠なり進入かどうか? 待機行動ルールなどがあって、枠なり進入が増えています。 機力を見極める上で重要な指標となってくれるのでチェックしておくことをお勧めします。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 8 6 0. ここは必ずチェックしておいてください。 ただし3着は3コースよりも4コースに多いのは春夏同様です。

Next

ボートレース徳山 Official Site

周回展示終了時のアナウンスや直前情報でタイムを確認しましょう。 このタイムでモーターの伸び足が分かります。 スタート展示の際は、どの選手も全速力に近い形でスタートします。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 この3点についてボートの動きを観察してください。

Next

ボートレース戸田オフィシャルサイト

6 13. 要約まとめ• タッチスタートに近いか、フライングをしているかもポイントの一つです。 展示航走を終えたモーターは、部品交換などはできません。 敢えて違いを挙げるとすれば、徳山競艇の特徴としては、そんな大村競艇場よりも若干2コースおよび3コースの差し決着が少なくでており、その分捲りないし捲り差しでの決着が多いようです。 近況当地2節連続優出中だ。 実は木場選手、前期は一度も優出していませんが、徳山競艇で久々の優出となったのです。 ここまで地元選手に有利に働くのは珍しいと言って良いでしょう。

Next

ボートレースからつ Official Site

部品交換も当日の展示情報とともに公開されるので、確認しておきましょう。 モーニング• 助走距離の長いダッシュ勢でスタートを合わせてくる選手がいれば、 捲りを想定した舟券予想を立てることができます。 これが枠なり進入の後押しとなっているようで、枠なりとなれば当然スローでも十分な助走距離を確保できるようになります。 その分2コースの3着率がグンと上昇し、微差ではあるものの6コースの3着への入着が年間で最多となるのがこの秋季です。 1号艇でスタート展示で1コースに入り、1番人気で勝率も1位なら1着確率はかなり高くなります。

Next