ビジネスクラス 搭乗記。 カタール航空ビジネスクラスQスイート搭乗記!機内食編

【ビジネスクラス搭乗記】エティハド航空のビジネスクラスに乗ってみた

シャンパンを頼んだのに、なぜか普通のグラスで出てきました(笑)。 食事がまるでレストランのようなクオリティ! 飛行機に乗ると移動時間の長さに応じて、1-2回程度の食事がついてきます。 搭乗してきました!!! JALのビジネスクラス「JAL SKY SUITE」に!! ニューヨークから羽田まで14時間のロングフライトをビジネスクラスで満喫してきたわけですが、14時間が一瞬に感じるような快適な時間で、飛行機の搭乗することそのものが目的になってもおかしくないような時間が過ごせます。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 着陸の2時間前になると、再度機内食が提供されます。 背もたれはこんな感じ。 いやー青組の方々が羨ましい。

Next

【JALビジネスクラス搭乗記】徹底レビュ―。これがJAL最高峰のSKY SUITE。

ダニエリ(ヴェネツィア)に宿泊• 以前、実はことを思い出しました。 左右にサイドテーブルがあり、3席分の幅を一人で占有できるのは羨ましいですよね。 今回はそんなエティハド航空のビジネスクラスとはどのようなものでしょうか? 今回はエティハド航空のビジネスクラスについてご紹介します。 出てきたのがこちら。 私は知りませんでしたが、ウィーンの化粧品ブランドのようです。 アイマスク• 荷物検査後、搭乗までの時間はラウンジで無料で飲食ができる&Wi-Fiが使える! 荷物検査が終わると、免税店やレストランが並んでいますが、いつも思うのがレストランの値段がとても高いこと。 最初から数種類の飲み物が用意されているのって、嬉しいですよね。

Next

【搭乗記】ガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラスでバリ島デンパサールへ子連れ旅!ANAマイルで特典航空券を発券可能♪

朝食からこんな豪華な牛フィレステーキを頂きました。 「昼食」は、前菜・サラダ・メイン・デザート、というような形でコース仕立てになっています。 朝食としては、卵料理の調理の仕方を選択することができるようになっていました。 ファストレーン「SKY PRIORITY」が快適 チェックインが済んだら、さっそく出国しましょう! ガルーダ・インドネシアのチェックインカウンターの奥に、 「SKY PRIORITY」と書かれた看板を発見しました。 なお、さきほど小物入れがないと言いましたが、実は通路側の席にはこの小さいスペースにサイドテーブルもあり、少しだけ物を置くことも可能になっています。 画面も大きいので映画鑑賞にはもってこい。

Next

【ビジネスクラス搭乗記】全日空(ANA)のビジネスクラスに乗ってみた

上海 — 成田(NH922便)、10:15発14:20着 今回の記事でご紹介するのは、この1つ目のレグとなる、「東京(羽田)からフランクフルト」までのフライトの様子となります。 いざ機内に入ると、なんと階段が!!飛行機の中に階段なんて、生まれて初めて見ました... フルサービスエアラインのエコノミーよりもLCCのビジネスのほうが断然くつろげるのがいちばんのポイント。 コンフォーター:ボディラインキルトコンフォーター テイジンの異形断面ポリエステルを中わたに使用し、最新の技術で創りあげたボディラインキルトコンフォーターです。 アメニティ 続いては、気になる「アメニティ」を確認していきましょう。 ルフトハンザ航空ビジネスクラス搭乗記:空港サービス さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「ルフトハンザ航空ビジネスクラス搭乗記」をお送りしたいと思います。 完全な個室の完成です。

Next

『オマヌケ夫婦スイスへ行く1 アエロフロートビジネス搭乗記』モスクワ(ロシア)の旅行記・ブログ by ジュニ子さん【フォートラベル】

しかしながら、同じスターアライアンスに加盟する「ルフトハンザ航空」とは言え、他社便利用の場合は「優先保安検査」のサービスを利用することができませんでした。 疲れ知らずですね。 軽いのはいいのですが、熱がこもる&呼吸しにくい感じがして、個人的には少々苦手です。 また、カフェ天国であるウィーンを本拠地とするオーストリア航空ならではの、充実したカフェサービスは特筆すべきもの。 仕方なく、ようやく確保できたファーストフード店でコーヒーを飲んで1時間半ほど待ちぼうけをくらいました。

Next

スイスエアー ビジネスクラス搭乗記 チューリッヒ→ロサンゼルス 777

蛸の酢の物• ラウンジの入り口。 今回は、地の利を活かして、お隣のチェコやスロヴァキアまで足を伸ばす予定です。 ビジネスクラスですよ。 ちなみにこの便のビジネスクラスは満席でした。 で、このチケットをラウンジに入れるチケットだと勘違いしてしまったのです!• 好きなものを指差しで指定して、その場で盛り付けていただけます。 家族せいぞろいの旅行では、ちょっと寂しい気がしまいますが。 シンガポール航空のビジネスクラスはまじで食事のレベルが高いです。

Next

オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(2)機内食からシート、アメニティーまで徹底レポート!<ウィーン

日本の航空会社では、なかなか見かけないですよね。 席が広い!テレビ画面が大きく、長距離便では電動ベッドのように寝られる席もある! いざ飛行機に搭乗してから、初めてビジネスクラスに乗った時はその座席のクオリティの高さに驚きました。 非常に満足度の高い機内食でした。 こちらは「昼食」のメニューです。 最後、離陸の90分前で、日本が近づいてきたところで最終オーダーで、うどんとフルーツの盛り合わせ。

Next